「170人会議はプレゼンターの背中を押せたのか」

170人会議終了後に行われた「170人会議の中の人」の振り返り内容を、対談形式で全4回お届けします。 

 

1回目は、170人会議はプレゼンターの背中を押せたのかについて。

 

総合責任者であるながやんと、第4回170人会議 総合プロデューサーのあすみんが登場します。

(プロフィールはこちらから)


 

 

ながやん:

170人会議の振り返り、はじめまーす!

あすみん、よろしくね。

 

あすみん:

こちらこそ、よろしくお願いします!

 

ながやん:

1回目ということで170人会議はプレゼンターの背中を押せたのか」について進めていけたらと思うんだけど、よい?

 

あすみん:

いいですね。

 

ながやん:

個人的にはプレゼンター数人が、早速動きはじめているのが嬉しい。

 

プレゼンターの数が増えて「1人ひとりの後押しが弱まると悲しいな」と思っていたけど、170人会議自体にプレゼンターを後押しする力がついてきているような気はするのだよね。

 

そのへん、どう見てる?

 

 

(第4回170人会議 プレゼンターの皆さん)
(第4回170人会議 プレゼンターの皆さん)

 

 

あすみん:

170人会議はプレゼンターの後押しになっていると思います。

 

とはいえ、プレゼンター自身が動きだしているから、結果的に「後押し」になっているのでは?とも思います。

 

ながやん:

ふむふむ。

 

あすみん:

あとは当日までのプロセスに関わっているスタッフや、周囲の仲間の存在も大きく影響しているだろうなと。

 

ながやん:

あー、たしかにね。

 

あすみん:

スタッフ=応援団という感じですかね。

 

ながやん:

1人じゃない感はでてくるよね。

 

あとは「170人会議でプレゼンしたから、やらなきゃ・・・」みたいにならないでほしい。

 

あくまでも、自分自身のやりたい気持ちに正直であってほしいし、気分が乗らないときは一息つくのも大事だと思う。

 

あまり多くのものを背負いすぎないようにしてほしい。

 

あすみん: 

そうですね。

そのスタンスはテンラボで大切にしていることでもありますよね。

 

ながやん:

当日のプレゼンも大事だけど、それより大きいのが事前準備段階での寄り添うプロセス、ってことになるのかなあ。

 

1人じゃない感。

 

あすみん: 

そうですね。

 

「何かやらなきゃ」から解放された時にどんな選択をするかはそれぞれですけど、170人会議の舞台に立った経験、そして当日までのプロセスの中にある収穫は、きっと1人ひとりにあるだろうと思います。

 

ながやん:

うむ。 

 

あすみん:

この未来会議において、プロセスが後々効いてくる感はあるだろうなと思います。

 

ながやん:

そうすると、もっと長めに準備期間をとったほうがよいかな。

 

あすみん:

ですね、それは思います。

 

ながやん:

疲れない?

 

あすみん:

大変ではありますね。

 

でも考える癖をつける?というか「誰かに相談していいんだ」という感覚を、準備期間中につかんでいくのは大事かなと。

 

ながやん:

「誰かに相談していいんだ」という感覚。それやな!

 

あすみん:

それがない状態で170人会議の舞台に立つのは、終わった後につぶれちゃう感じもあるんじゃないかなと。

 

 

(プレゼンターは、1分間に自分の思いを込めた)
(プレゼンターは、1分間に自分の思いを込めた)

 

 

ながやん:

たしかにね。

 

高く飛ぶためには着地に失敗した時に、受け止めてくれる柔らかい土が必要だよなあ。


あすみん:  

つぶれちゃうというか圧倒される?


「この空気感に飲み込まれる~」というよりは「この大地に飛び込もう!きっと誰かが支えてくれる!」くらいの感覚をもって、170人会議に参加できるといいのかもなあと。

それは「人任せ」ということではない。

登壇している時点で、人任せで生きてないと思いますし。

 

ながやん:

なるほどなあ。

170人会議は種まきだとして、その前段階でしっかり土を耕す部分こそが本質だと。

 

今回でいうとプレゼンターの中に、話し慣れしてるし実績あるし「サポートはいいかな」と思った人もいたじゃん。本人の忙しさもあったし。

 

でもそこはちゃんと「いっしょに考えようや!」と、強制的に耕しとく必要あったかも?

 

あすみん: 

間違いなく強制的に耕す必要ありましたね。


あえてそこに踏み込んでいくことで、170人会議ならではの収穫があったかもしれないなあと思ったり。

 

ながやん:

まあ強引に耕しにいくのも、暴力的になっちゃう気がするからね。

 

「1番楽しもうと思ったら、このタイミングでちゃんと耕されとくことですよ」とは伝えた方がいいかもね。

 

あすみん:

ですね。そこを伝えることすら最初からしなかったので、反省です。 

 

ながやん:

なるほどなあ。いいね、次に生かせる。

 

あすみん:

そうですね…!

 

ながやん:

ということで「170人会議はプレゼンターの背中を押せたのか」は以上となります。

 

ありがとうございました!

 

あすみん:

ありがとうございました!

 

 

 

 ーーー

 

 

 

 

振り返り2回目は
「170名の参加者にとってどんな価値があったか」についてです!